HPVワクチンについて

20〜30代の若い女性に子宮頸がんが増加し、毎年3000人もの方が亡くなっています。 子宮頸がんは、HPVワクチンによる予防と検診が大事です。
HPVワクチンは定期接種で、小学6年生から高校1年生の女子は無償で接種することができますが、残念ながらこれまでのマスコミ報道等により接種される方は非常に少なくなっています。
お子さんの将来のために、現時点で科学的に分かっていることを含め、接種のメリット/デメリットをお聞きになりたい方は、ご説明しますのでご連絡ください。

この記事を書いた人

せきこどもクリニックスタッフ